工事前には気を付けよう!事前に必要な用意

家にある用品を片付けておく

工事前には、家や庭にある用品を片付けておきましょう。工事に入った時には、敷地や家の中にスタッフが入って作業を行っていきます。作業するためには、専用の機材や工具を持ち込む必要があり、散らかっていると大変邪魔になってしまうのです。また、工事を行う周辺が散らかっていると、作業の間違いにつながってくるため、事前に片付けておきましょう。家具や備品は、別の部屋に置いておいたり、庭の植木鉢を室内に移動しておくと安心です。

洗濯物の干す場所に気を付ける

工事の種類によっては、気を付けておくことが違ってくるので、工事前に業者に聞いておきましょう。塗装を施す工事を行う場合、外に洗濯物を干せなくなります。外壁や屋根の塗装をし直すと、霧状になった塗料が降ってくるため、洗濯物についてしまうのです。工事を行う前にはこの点の注意をされるので、外に干さないように気を付けたり、大きな毛布などは前もって洗濯を行っておきましょう。気を付ける点について、充分に聞いておけば不都合もなくなります。

ご近所挨拶は必須になる

工事前には、ご近所にその旨を伝えておくと、万が一のトラブルがなくなってきます。工事に入ると大きな音がしたり、大勢のスタッフが敷地に出入りするようになってきます。ご近所と距離が離れている場合には、特に気を使う必要はないものの、距離が近い場合迷惑をかけてしまう恐れがあるのです。事前にあいさつ回りを行っておけば、近所の方も工事に入っていることを承知しているので、多少の音などの迷惑は大目に見てもらえるでしょう。

建機の購入なら安く購入できることの多い、中古の建機のオークションにしましょう。状態の良い建機も多いので安心です。